よくある質問

リネンの生地は水通しが必要?

リネンの生地は水通しが必要?


2020年08月28日

一般に販売されている生地の多くは水通しをしなくてもすぐに使えるよう加工処理がされております。
そのままでも使えますが、天然繊維は縮みやすい性質をもっているので、
洗濯の際の縮みにより歪み、型崩れを起こす場合があります。
市販のものは生地をそのまま裁断しているので、普通に洗うと歪んだり縮んで
シワシワになったりするのはそれが原因かと思われます。
せっかく手作りしてお仕立するのなら、すこしでもそれを避けたいものです。
その為にも、裁断前に水通しし、織りのゆがみなどを直しながら生地を整えることをおすすめします。水通し方法

  • 1.大き目の容器※1にたっぷりの水を貼り生地単体※2を浸します。
  • 2.適当な時間※3浸け置き、水を絞ります。
  • 3.物干しに生地を中表にして広げ、陰干しをし手でパンパンとたたきながら余分なシワを伸ばします。
  • 4.半乾きし、裏からアイロンで織りのゆがみなどを直しながら生地を整えます。